(有)林工務店~建築現場ブログ

タグ:屋根工事

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます!

I様邸では、瓦の工事が行なわれました(。・ω・)ノ゙

I様邸-52

まずは、大工さんが作った屋根の下地に瓦を取り付けるための
瓦桟の取り付けが行なわれました!
ただ載せるだけでは、瓦が落ちちゃいますからねΣヾ( ̄0 ̄;ノ

I様邸-53

瓦桟を取り付けた後、瓦が並べられました(*´∇`*)
たくさんの瓦が屋根いっぱいに積まれています!

I様邸-54

取り付けが開始されました!
I様邸は、腰折れ屋根と言う屋根の角度が途中で変わる屋根なので、
特殊な瓦が使われています.。゚+.(・∀・)゚+.゚

I様邸-55

取り付けが終わるとこんな感じです!
ちょっと見にくいですが、茶系の瓦がかっこいいですよヾ(´ω`=´ω`)ノ

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます!

先日、クレーンでの建込み作業が行なわれたI様邸では、
屋根工事が行なわれました(。・ω・)ノ゙

屋根と言っても屋根の下地部分ですね!

I様邸-42

骨組みを作った所に、垂木と呼ばれる木材を並べて取り付けていきます。

I様邸-43

その上に、野地合板と呼ばれる板を乗せます!
こうすることで、垂木の間を空気が流れ、湿気などを排出できる仕組みになっています(*´∇`*)
先人の知恵ですね!

I様邸-44

合板の上には、ルーフィングと言う防水シートを敷き込みます!
これで雨が屋根から入ってくるのを防ぎますヾ(´ω`=´ω`)ノ

瓦やコロニアルなどの仕上げ材は、このルーフィングの上に施工される
事になります!
家を守ってくれる屋根は、何重にもなって対策がされているのでした!

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます!

現在建築中のS様邸では、屋根工事が行なわれました(。・ω・)ノ゙

S様邸-31

S様邸では、コロニアルと言う部材を使って屋根を作ります(*´∇`*)

この一見何の変哲もない屋根、実は何層にもなってできているのですΣ(=゚ω゚=)

S様邸-32

写真は、クレーンでの建込み作業中。
屋根を作る前に、遮熱シートと言う太陽の熱を反射するシートを敷いています(´∀`*)

このシートには、後々、室内側から発泡ウレタン断熱材が吹き付けられ、遮熱+断熱の
合わせ技で外からの熱をシャットアウトできるようになります!

S様邸-33

シートの上に垂木と呼ばれる木材を並べて。

S様邸-34

垂木の上に合板を敷き込みます!
こうすることで垂木の厚みの分、通気層ができ
屋根の中に湿気が溜まらないようになるのです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

S様邸-35

その上にルーフィングと呼ばれる防水のシートを敷き込み、
やっと冒頭のコロニアルを施工できる状態になります!

S様邸-36

S様ご夫妻の選ばれた、メローオレンジ色の屋根。
いい感じになってます(●´ω`●)

屋根裏って夏はむちゃくちゃ暑いんですよね(; ̄Д ̄)
それが部屋の温度にもかかわってくるので、対策をしっかりして
快適に生活できる空間を作りたいですねヾ(´ω`=´ω`)ノ

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
ブログを見て頂きありがとうございます。

日差しはあるものの風が冷たかったですね。
お天気になったので屋根工事のコロニアル施工が行われました。

写真は施工状況です。
a-35-1

明日は外壁工事の様子をお知らせできると思います!

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
ブログを見て頂きありがとうございます。

今日はどうにかお天気回復しましたね!
でも冬に戻ったように寒くなりました。。。

屋根のコロニアルが搬入され屋根工事が始まりました。
a-34
よく、瓦とコロニアル・・・どちらがいいんですかねぇ~と聞かれます。
どちらも利点があり欠点もあります。

陶器瓦は丈夫で塗り替えも殆どいらなくメンテナンス的にはおすすめです!
でも、台風時にはコロニアルに比べたら飛びやすいかも・・・です。

コロニアルは台風時には飛びにくいけど10年程で色落ちしてくるので
塗装などのメンテナンスが必要になってきます。

どちらにしても大切に長持ちをさせるためには点検等などは必要になってきます!

詳しいことはお気軽にお問い合わせ下さい!

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m

このページのトップヘ