こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます!

先日、外壁の様子をお送りしたI様邸ですが内部の方では
床板の施工が進められました(。・ω・)ノ゙

I様邸-59

まずは、上り框(あがりがまち)と言う仕上げ材を玄関の上り口に
取り付けられました!

I様邸-60

そして、端から順番に床板を施工していきます(o^∇^o)ノ
床板は、実(さね)と言うオスとメスの凸凹が両端に付いているので、
それを差し込みながら隙間のないように取り付けていきます!

I様邸-61

I様邸では、無垢杉の床材を施工しました(*´∇`*)
本物の木の床材なので、肌触りがよく、冬の寒い時期でも
ヒヤッとした冷たさを感じません(●´ω`●)
その分傷が付きやすいデメリットもありますが( ̄▽ ̄;)

傷が付かないようにしっかりと養生して、
次にお目見えするのは、工事が完了しハウスクリーニングが
行なわれる時です(*´ェ`*)

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『TDホーム霧島(有)林工務店』をフォローしよう!