こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます!

先日、クレーンでの建込み作業が行なわれたI様邸では、
屋根工事が行なわれました(。・ω・)ノ゙

屋根と言っても屋根の下地部分ですね!

I様邸-42

骨組みを作った所に、垂木と呼ばれる木材を並べて取り付けていきます。

I様邸-43

その上に、野地合板と呼ばれる板を乗せます!
こうすることで、垂木の間を空気が流れ、湿気などを排出できる仕組みになっています(*´∇`*)
先人の知恵ですね!

I様邸-44

合板の上には、ルーフィングと言う防水シートを敷き込みます!
これで雨が屋根から入ってくるのを防ぎますヾ(´ω`=´ω`)ノ

瓦やコロニアルなどの仕上げ材は、このルーフィングの上に施工される
事になります!
家を守ってくれる屋根は、何重にもなって対策がされているのでした!

スタッフブログへのご訪問もよろしくお願いしますm(__)m


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『TDホーム霧島(有)林工務店』をフォローしよう!